東京美容外科の特徴と小顔注射についての説明

東京美容外科は清潔な室内と明るいスタッフの対応を目指している、初めて来院する人にも安心できるクリニックで、電話やメールでの予約方法が主体となっていますが、Web上から経験豊富な医師に悩みを相談できるWebカウンセリングも実地しています。

 

診療の流れは予約・来院・カウンセリング・申込みと支払い・写真撮影・施術・アフターケアの流れになっています。東京美容外科のホームページ上には約15人の医師が紹介されています。東京美容外科の支払い方法としては、現金・医療分割・デビットカード・約10種類のクレジットカードでの支払いが可能・銀座と新宿院限定でWeChatPay・Aipayが可能になっています。

顔の脂肪は自力のダイエットではなかなか落ちにくいので、施術後の顔の腫れを気にしなくてもいい東京美容外科の小顔注射は、日帰りの10分から30分の短時間で行い、早い人で3日後には効果があらわれると言われ、わずか24時間で顔の30%の脂肪が減ると言われていることで人気が高い注射です。

 

初回の人で1本4900円、2本目からは9800円、まぶたと鼻の部分は1本15000円の価格設定になっています。顔・まぶた・鼻の脂肪をとりたい人、メスを入れずに傷跡や腫れを気にしないでいたい人、短時間で小顔の部分痩せを行いたい人にお勧めな、1日で顔の脂肪を落とすことが可能な最新の脂肪溶解注射です。未成年の人は同意書がなければできない決まりになっています。脂肪溶解注射の効果は個人差があることを理解したうえで受けることをお勧めします。